Prewave社が提供する完全なSupply Chain Act Germanyコンプライアンスソリューション

ホーム

サプライチェーン・レジリエンスの究極のガイド

時は2019年。あなたは、コスト削減と効率化を目指すサプライチェーンのプロフェッショナルです。JIT(ジャストインタイム)の手法をまだ導入していないのであれば、おそらく検討していることでしょう。その主な理由は、必要なときにだけ材料を移動させることでサプライチェーンに「眠っている」在庫を減らし、損害、損失、追加コストのリスクを最小限に抑えるなど、その多くの利点があるためです。JITの目標は、サプライチェーン全体を合理化・最適化することであり、正しく実行されれば、JITと同様の戦略、すなわち「リーン」サプライチェーンは前進する道となるのです。

そう思っていました。

2022年、サプライチェーンのレジリエンスがスマートなサプライチェーン戦略の原動力となります。COVID-19が世界中で前例のない混乱を引き起こし、サプライチェーンの脆弱性を露呈させたからです。企業が後遺症に対処し続ける中、サプライチェーンの専門家は、リスクの軽減と管理にさらに重点を置くことで、先の計画を立てています。

サプライチェーンマネジメントにおけるレジリエンスの役割

従来はコストセンターと見なされていたサプライチェーンは、今や事業運営、効率、そして長期的な収益性にとって不可欠なものとなっています。つまり、サプライチェーンを混乱させる可能性のあるものは、事業全体に対する直接的な脅威となり、サプライチェーンの回復力はより一層重要なものとなっています。 

では、なぜサプライチェーンの強靭化戦略を採用する企業が増えないのでしょうか。 

などが原因だと考えています。 

  1. 完全なSCV(Supply Chain Visibility)を実現することの難しさ
  2. 潜在的なリスクの範囲と規模
  3. コスト増 

まず、コストです。確かに、安全在庫や商品保管など、多くの防止策にはかなりのコストがかかる。しかし、問題は、そのコストに見合うだけのメリットがあるかということです。コロナウイルスのパンデミックは、この問いに対する答えを与えてくれました。 

サプライチェーンのリスクは完全に排除することができないため、どの企業も一度はある程度の外部リスクを経験していると考えてよいでしょう。しかし、リスクは機会をもたらすこともあります。 

もし、あなたが外部のリスク要因の影響を受けるとしたら、それはあなたの競合他社も同じである可能性があります。その際、最も重要なのは、各企業がその状況にどう反応し、どう対応するかです。言い換えれば、最も回復力のあるサプライチェーンを持つ企業は、大きな競争優位性を獲得できる立場にあるのです。

サプライチェーン・レジリエンスの2つのR

レジリエンスは、「抵抗」と「回復」という2つの要素で成り立っています。 

抵抗力とは、破壊を完全に防ぐか、あるいは破壊がサプライチェーンに及ぼす影響を最小限に抑えることによって、破壊に効果的に対応するサプライチェーンの能力のことである。言い換えれば、抵抗力は、混乱がもたらす影響を予測し、あるいは軽減する上で、サプライチェーンの準備態勢を示す良い指標となるのです。 

回復とは、混乱後のサプライチェーンの回復能力である。安定化段階が始まり、その後、事業運営への復帰が始まります。回復の両段階が完了したら、組織は取られた行動を見直し、何らかの変更が必要かどうかを判断し、その後、サプライチェーンのリスクマネジメント戦略を継続的に策定する。 

しかし、強力な耐性と復旧計画を確立する前に、サプライチェーンに対する潜在的な脅威を特定する必要があります。これが、2番目のポイントである潜在的なリスクの範囲と規模になります。

サプライチェーンのリスク。何に対するレジリエンスか?

貴社のサプライチェーンは常に内外の要因からリスクにさらされており、その大半は経済、環境、倫理、政治の4つの大カテゴリーに分類されます。以下のビデオでは、2021年にグローバルサプライチェーンに影響を与えた最大のリスクについて概説しています。

ビデオで示したように、サプライチェーンの混乱は、さまざまな要因によって引き起こされる可能性があり、その多くは、自社のコントロール範囲外にある可能性があります。多くの場合、リスクの発生確率や重大性、そしてそれらが自社のサプライチェーンに与える影響(あるいは与えない影響)を確認することは困難です。例えば、ある天候を予測することはできますか?また、サプライヤーがシステムに対するサイバー攻撃を防ぐために必要な安全プロトコルをすべて備えていることをどのように確認できますか? 

答えは簡単です。適切なサプライチェーンリスクマネジメント(SCRM)技術を導入することで、潜在的な混乱がビジネスに与える影響を直ちに分類し、大幅に軽減または防止することができます。 

世界中の製造業で利用されているサプライチェーン・リスク管理プラットフォームのリーディングカンパニーであるPrewaveは、サプライチェーンのレジリエンスへの道筋をサポートすることができます。ソーシャルメディアデータやデータベースなど、公開されているあらゆる情報をAI技術で精査し、貴社のサプライヤーやサプライヤーのサプライヤーに影響を及ぼすあらゆるリスクを発見します。つまり、何かが起こっている場合、私たちはそれを知ることができるのです。

Supplier Monitoringを利用することで、サプライチェーンに関わる様々な重要な疑問に答えることができます。

次は、Tier-Nの透明性です。

すべての道はSCV(Supply Chain Visibility)に通じている。  

しかし、多くの企業では、SVCがTier1サプライヤーにまで及んでいない。これは、SCM部門が、トップレベルのサプライヤーと強固な関係を形成・維持することに主眼を置いているためで、一定の透明性が確保されています。つまり、Tier1サプライヤーが被る可能性のあるリスクについては、通常、知らされているのです。

一方、外部リスクは一般的に未知のものであり、どんなビジネスでも不意を突かれる可能性があります。これはどのサプライヤーにも言えることですが、Tier-Nの場合はなおさらです。 

このようなサプライヤーは、サプライチェーンの下層に広がっており、特にティア1サプライヤーの透明性と比較すると、そのリスクエクスポージャーがほとんど知られていないことが問題であると言えます。 

解決策は? 

サプライチェーンの完全な可視化を中心としたPrewaveの「Tier-N Monitoring」。次の図は、このソリューションがどのように機能するかを示しています。

おさらいすると 

  • これは、サプライヤーに余分なコストをかけることなく提供されます。
  • サプライチェーンマッピングは、身近なサプライヤーを超えて広がる
  • サプライチェーンの下層(Tier-N)に影響を与える事象についてアラートを受け取ることができます。
  • あらゆる障害に対する計画と対応ができるようになる
サプライチェーンの回復力を高めるための旅に出る準備はできていますか?

    関連記事

    続きを読む

    ブログ

    ドイツのサプライチェーン法

    ドイツのサプライチェーン法(Lieferkettengesetz, LkSG)は、2023年1月1日に施行される予定です。...
    ブログ

    グローバルサプライチェーンデューディリジェンス法

    投資家や消費者からのプレッシャーの高まりと、非常に不安定な世界市場により、ここ数年...
    ニュース

    サプライチェーンのリスクインテリジェンスプラットフォーム「Prewave」が1,100万ユーロのシリーズA資金を調達

    企業がサプライヤーに影響を与えるリスクを予測、発見、理解、分類するためのAIプラットフォームを提供するPrewaveが、1100万ユーロの資金を調達した...