Coming soon: Supply Chain Superintelligence. Find out more.

調達リスク管理をマスターする:サプライチェーンを守る戦略

調達リスク管理をマスターする:サプライチェーンを守る戦略

レジリエントなサプライチェーンを構築する上で、調達リスクマネジメントが果たす重要な役割をご紹介します。この記事では、混乱、財務問題、コンプライアンス、運用上の課題など、一般的なリスクを取り上げます。リスクアセスメント、サプライヤー管理、テクノロジー統合、コンプライアンス監視、危機管理計画などの重要な戦略を学ぶことができます。これらを実施することで、コスト削減、業務継続性、レピュテーション管理、戦略的優位性を達成することができます。

リテールソーシングのベストプラクティス戦略的アプローチ

リテールソーシングのベストプラクティス戦略的アプローチ

効果的なリテールソーシングは、収益性を高め、消費者の期待に応え、競争力を確立し、ビジネスを成功させるために極めて重要である。明確な調達目標を設定し、テクノロジーを活用し、サプライヤーとの関係を促進することで、企業は調達プロセスを強化し、コンプライアンスを確保し、持続可能な成長を推進することができる。こうしたベストプラクティスを取り入れることで、小売企業はダイナミックな市場で長期的な成功を収めることができる。

医薬品サプライチェーンの可視性がこれまで以上に重要になる理由

医薬品サプライチェーンの可視性がこれまで以上に重要になる理由

今日の複雑な医薬品業界において、サプライチェーンの可視化がいかに重要であるかをご覧ください。需要の急増と偽造のリスクにより、ブロックチェーン、IoT、AIのような技術は非常に重要です。これらのイノベーションにより、安全な追跡、リアルタイムのモニタリング、予測分析が保証され、患者の安全が守られ、将来に向けて弾力的で透明性の高いサプライチェーンが育成されます。

持続可能な貿易のためにEUの森林破壊規制を使いこなす

持続可能な貿易のためにEUの森林破壊規制を使いこなす

この記事では、EU森林減少規制(EUDR)について、その範囲、実施スケジュール、企業に対するコンプライアンス要件について詳しく説明します。持続可能な取引とサプライチェーンの実践を確実にするために、製品の原産地を特定し、リスクを評価し、デューデリジェンス報告書を提出する方法を学びます。

サプライチェーンマッピングにおけるAI革命

サプライチェーンマッピングにおけるAI革命

この記事では、AIが効率性、リアルタイムの可視性、回復力を強化することで、サプライチェーン・マッピングにどのような変革をもたらしつつあるのかについて掘り下げている。予測分析、リアルタイムデータ処理、自動化などの主要テクノロジーが、こうした進歩を後押ししている。

食品・飲料サプライチェーンにおけるレジリエンスの構築

食品・飲料サプライチェーンにおけるレジリエンスの構築

この記事では、気候変動、汚染、労働問題など、食品・飲料のサプライチェーンが直面する重大な課題を探る。これらのリスクを軽減するには、テクノロジー、コラボレーション、多様化を活用する必要がある。持続可能な調達、エンド・ツー・エンドの可視化、シナリオ・プランニングなどの戦略が不可欠です。Prewaveのリアルタイム・インサイトとリスク管理ソリューションが、レジリエントで混乱に強いサプライチェーンの構築にどのように役立つかをご覧ください。

コンプライアンスを超えて調達監査を形作る将来のトレンド

コンプライアンスを超えて調達監査を形作る将来のトレンド

AIを活用したデータ分析やブロックチェーンとの統合による透明性の向上など、調達監査に変革をもたらすトレンドをご紹介します。リモート監査へのシフトを受け入れ、効率を最適化し、コストを削減します。持続可能でコンプライアンスに準拠したサプライチェーンを確保する、将来の戦略に関する洞察で先手を打ちましょう。調達監査を形作る未来のトレンド。

労働の日労働者の権利の重要性を強く思い起こさせる日

労働の日労働者の権利の重要性を強く思い起こさせる日

労働デーのルーツ、現代の課題、そして世界的な労働者の権利のための闘いを探る。歴史的な抗議活動からCOVID-19の影響まで、その歩みをご覧ください。Prewaveが透明性と倫理的調達においてどのようにリードしているかをご覧ください。私たちと一緒に労働者の日を記念し、より公正な未来を作りましょう。

CSDDD vs CSRD:主な違いを解明する

CSDDD vs CSRD:主な違いを解明する

このブログでは、EU指令の複雑さを掘り下げながら、CSDDDとCSRDの間の状況をナビゲートしている。EUが2050年までのネット・ゼロ・エミッションに向けて舵を切る中、これらの指令は企業責任の触媒として浮上している。CSRDが透明性の高い報告に焦点を当てる一方、CSDDDはサプライチェーン全体にわたる責任ある行動を支持し、持続可能な企業の未来を形作る。綿密なコンプライアンス戦略と積極的な関与を通じて、企業はこれらの指令を明確かつ目的を持って乗り切ることができ、より環境に優しく、より説明責任のある未来への道を切り開くことができる。

CSDDD指令の最新情報:EUが重要な合意に達する

CSDDD指令の最新情報:EUが重要な合意に達する

本稿では、EUの企業持続可能性デュー・ディリジェンス指令(CSDDD)をめぐる最新のアップデートを掘り下げ、適用範囲、責任規定、コンプライアンス戦略における最近の変更点を探る。EU域内で事業を展開するグローバル企業にとってどのような影響があるのか、ハイリスク・セクター・アプローチの廃止から報告や透明性の重要性まで、明らかにします。進化する規制の展望と企業のサステナビリティへの影響をナビゲートします。