Prewave社が提供する完全なSupply Chain Act Germanyコンプライアンスソリューション

ホーム

サプライチェーンの将来を見据えた7つのステップ

サプライチェーンのグローバル化は、世界中の企業に多くの門戸を開いています。しかし、その門戸は両開きで、日々の業務に大きな波紋を投げかけ、業務を阻害する不測の事態を次々と引き起こします。  

これは、サプライチェーンの混乱が、もはや もしの問題ではなく いつ

つまり、サプライチェーンのレジリエンスがこれまで以上に重要であるということです。 

ガートナー社は、2025年までにサプライチェーンのリスクマネジメントが50%以上の組織にとって重要な成功要因になると予測しています。 

今こそ準備する時です。ここでは、サプライチェーンの将来を見据えた7つのステップをご紹介します。

在庫とバッファ容量

コロナウイルスの大流行が私たちに教えてくれたことは、常に十分な在庫を持つべきだということです。そのため、多くの組織が現在、出荷の遅れや欠品から製品を守るために在庫レベルを上げています。 

なぜなら、海港などの輸送ルートが閉鎖されたり、製造工場が伝染病の発生で閉鎖されたりする可能性があり、これらの潜在的なリスクに対処する最も簡単な方法は、在庫の最適化を確保することかもしれません。 

しかし、在庫の増加は、運転資本の増加や保管場所の確保につながるため、経営幹部にとって正当化できない可能性があります。

Tier-Nの透明性

では、サプライチェーンのリスクや供給不足を、時には数週間から数カ月も前に予測できる世界を想像してみましょう。 

出荷スケジュールの調整や予備のサプライヤーを見つけるなど、代替策を見つけるための十分な時間を確保できるだけでなく、競合他社に対して大きなアドバンテージを得ることができるのです。なぜなら、サプライチェーンを脅かす事象に対応する、あるいは回避するための十分な時間を確保することで、ビジネスの継続性を確保することができるからです。 

例えば、あるサプライヤーが必要な製品を納入しない恐れがあることを事前に知っている企業は、状況を判断し、必要であれば代替のサプライヤーを見つけるための時間を確保することができます。この時間的な優位性によって、出荷を迂回させたり、新しいサプライヤーを見つけることができたビジネスと、不意を突かれて生産停止という形で直接打撃を受け、結果として大きな損失を被るビジネスとが分かれることになる。 

しかし、どうすればこのレベルの情報を得ることができるのでしょうか? 

その解決策は財務データプロバイダーであり、貴重な第一レベルデータを提供する。残念ながら、このソリューションは財務面しかカバーしておらず、財務データは年1回しか報告されないため、遅れをとっている。 

もう一つの解決策は、Prewaveのようなデータプロバイダーでしょう。

ここ数年の出来事から、組織は最も脆弱なサプライヤーの存在によってのみ強くなれるということがわかりました。Tier-Nの透明性がなければ、あなたのビジネスは大きなリスクにさらされます。幸いなことに、Prewaveのようなパートナーを味方につければ、サプライチェーンのリスクを簡単に監視、予測、計画し、回避することさえできます。

Prewaveがあなたのビジネスにできることを発見するために、今すぐデモを予約しましょう。

製造業ネットワークの多様化

リスク分散の教科書的手法としても知られているように、製造ネットワークの多様化は、サプライチェーンの強靭性を実現する上で画期的な変化となり得るものです。必要な部品ごとに新しいサプライヤーを見つけることで、サプライチェーンの潜在的なリスクにかかわらず、ビジネスの継続的な運用を確保することができます。なぜなら、あるサプライヤーが制御不能な事象によって納品できなくなった場合でも、その代わりとなるバックアップソリューションが常に存在するからです。そのため、部品は時間通りに到着し、最終製品は遅れることなく顧客に届けられます。 

続きを読むサプライチェーン・レジリエンスの究極のガイド

しかし、このようなマルチソーシングは、複数のサプライヤーと契約するか、複数の生産拠点を持つ単独のサプライヤーと契約することでしか実現できない。リスクとしては、発注量をサプライヤー間で分けなければならないため、規模の経済性が損なわれ、サプライヤーの評価や導入に伴う購買コストが増加し、価格が上昇することが挙げられます。

ニアショアリング

自社の製造工場からより近い場所にあるサプライヤーと協力することで、地理的な依存を減らすことができる。海港の閉鎖や国際貿易の制限など、物流のリスクや影響も軽減できる。 

グローバルサプライチェーンは、特に現地調達の追加コストがメリットを上回らない場合、長い供給経路のリスクを軽減するために最適化する必要があります。

製品およびプラットフォームの標準化

製品ポートフォリオを多様化することは、自動的に調達プロセスの複雑性を高めることになります。なぜなら、製品数が増えれば増えるほど、より多くの部品を必要とするようになり、部品不足のリスクや生産全体のリスクを大幅に増大させる可能性があるからです。 

製造部品の多様化に対応する一つの方法として、複数の製品で標準化された部品を使用することが挙げられます。自動車業界では、車種やメーカーを問わず、自動車プラットフォームが共有化され、この流れが進んでいます。

パートナーシップとサプライチェーン・エコシステムの育成

コラボレーションとコミュニケーションは、レジリエンスに優れたサプライチェーンの構成要素です。サプライヤーのレベルにかかわらず、すべてのサプライヤーと継続的なコミュニケーションと強力なコラボレーションを確保できれば、サプライチェーンのレジリエンスに向けて新たな一歩を踏み出したことになります。 

なぜなら、緊密なパートナーシップは、潜在的な問題、リスク、課題に関するオープンなコミュニケーションにつながり、その結果、リスクを回避し、影響を最小限に抑えるための共同作業への扉が開かれるからです。そのため、プリウェーブのサプライチェーンネットワークでは、サプライヤーが最新情報を入手し、コメントできるようにすることで、より透明性の高いサプライヤーネットワークを構築・育成することを常に考えています。

強い組織文化の構築

レジリエントなサプライチェーンを確保するための行動は、レジリエントな考え方を許容し、それに報いる組織文化があって初めて定着するものです。つまり、サプライチェーンのレジリエンスを確保することは、経営陣だけでなく、組織全体の責任なのです。サプライチェーンの最適化プロセスは、アジャイルサプライチェーンの構築と育成を目指す組織のDNAそのものに組み込まれなければならないのです。 

まとめ

サプライチェーンのレジリエンスを実現するために、さまざまな手段を講じることができます。しかし、真にレジリエントなサプライチェーンの構築に向けて前進する企業には、あらゆる危機に対処し、それに耐えるために必要なツールを提供する競争力あるパートナーも必要です。

Prewaveは、サプライチェーンの可視性を向上させ、リスクを事前に回避する貴重なツールを構築し、完成させました。

    関連記事

    続きを読む

    ブログ

    2022年のサプライチェーンモニタリング

    サプライチェーンに関わる第三者の数が増えるにつれ、サプライチェーンのモニタリングは急速に必要性を増しています......。
    ブログ

    サプライヤー行動規範。これでも十分ですか?

    行動規範を作成し、実施することで、企業はサプライチェーンのリスクを予防し、評判を守ることができます。それは...
    ブログ

    サプライチェーン・デューデリジェンスとは何か、なぜ重要なのか、どのように行うのか。

    サプライチェーンが複雑化するにつれ、デューデリジェンスの取り組みも複雑化するはずです。しかし、サプライチェーンのデューデリジェンスとは一体何なのでしょうか。